チヌ釣りはチニングだけじゃない、ワームでチヌを狙ってみよう!

チヌ釣りはチニングだけじゃない、ワームでチヌを狙ってみよう!

スポンサーリンク

クロダイといえば今も昔も堤防釣りの人気ターゲット。

ほとんど日本全国に生息していますし、意外なほど身近な堤防にたくさんいるものなので、ウキ釣りやフカセ釣りなどで狙っている釣り人の姿をよく見かけます。

そんなクロダイ、実はルアーでも釣れるってご存知でしょうか?
デイとナイトで狙い方は違いますが、今回はデイチヌゲームの紹介です。

おススメのロッド

使うロッドはできればチヌゲーム専用ロッドが一番ですが、なければエギングロッド、もしくはアジングロッドでもOKです。

リールは小型スピニングリールならなんでもよく、ラインはPE0.5号程度までの太さ、リーダーは2号で十分。

デイチヌゲームは基本的にはワームで、チヌ専用のものをご用意ください。

ジグヘッドは5~10g程度までのものが使いやすく、河口域など流れの速いポイントでは10gも多用します。

準備ができたらいざ釣りへ

誘い方は簡単です。

キャストしたら底まで沈め、ロッド角度を45度程度にキープし、あとはちょっと早めにリーリングするだけ。

ワームが浮き上がりすぎてしまうようなら、一旦底まで沈め、今度はロッドを少し寝かし気味にして、またリーリングしてください。
ワームを素早く動かすことで、クロダイに考える間を与えずに口を使わせてしまうのがデイチヌゲームの鉄則です。

ウキ釣りやフカセ釣りとは違い、クロダイのルアーゲームはアタリの出方も強烈。

エサ釣りとは違うクロダイの一面が見られるおもしろい釣りですよ!

ルアーフィッシングやチニングについて
疑似餌で魚を釣るルアーフィッシングにはチニング、エギングなどがあります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする