葉山 森戸神社でのクロサギ釣り(夏)

葉山 森戸神社でのクロサギ釣り(夏)

スポンサーリンク

真夏の釣りは嫌いではないです。
炎天下の中、頭にタオルを巻いて釣りをします。

今日は葉山の森戸神社の横を流れる川と海の気水域です。

江ノ島から三浦半島沿いでは真夏の昼間にクロサギが釣れます。
それ以上南では、釣れるかは調査出来てないです。。。

餌はジャリメを使用し、仕掛けはキスと全く同じです。
キスと違い動き回っているので、おき竿でも問題ありません。

気水域にも草河豚がかなりいるようで、餌が直ぐに取られます。
餌から避けるように真下を攻めてみます。
ゴンズイの懸念もあったのですが、移動と共にヒットです。

重みも引きも抜群です。25センチのクロサギです。

毎回忘れてやってしまうのですが、素手で掴み、セビレが手に刺ささり、血だらけ…。
暴れると直ぐに刺さるので、軍手かタオルは必須です。。。

気を取り直して釣れた付近を攻めます。
直ぐにも2匹目のクロサギゲットてす。20センチ程度でしたが、申し分なしです。

その後は、草河豚の猛攻に合い、餌切れになってしまいました。

動き回っているので、この場を去ってしまったと思い、帰り支度をしている際、付近で釣り人たちにクロサギがヒットです。
草河豚の猛攻を避けることが出来て、もう少し釣りが出来たら自分にもヒットしたかもと思うと、悔しかったですね。

クロサギは、塩焼きにして家族で食べました。
子供たちも美味しいと言ってくれたので、クロサギを狙った甲斐がありました。

不思議なことに、クロサギは、イサキに似た味です。
食べるものが違うのに同じって。
食べてるものが似てるとも思えないので、不思議だな~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする