疑似餌で魚を釣るルアーフィッシングにはチニング、エギングなどがあります

疑似餌で魚を釣るルアーフィッシングにはチニング、エギングなどがあります

スポンサーリンク

魚釣りというと、釣り竿に餌を付けてそれを海や川に投げ入れてということを思い浮かべるかもしれません。

しかしご存じの方も多いかと思いますが釣りの餌は生き餌だけではありません。
生きた魚や虫などを模した疑似餌を使用して釣りを行う、ルアーフィッシングというものも人気なのです。

ルアーフィッシングに用いられるルアーには、ヘラ状のスプーンや小魚のような形のミノーなど様々な種類があり、それらを使い分けることによって釣りたい魚をある程度選択することが可能です。

初めてルアーフィッシングをする時、釣りたい魚が決まっていないならば、まずは海か川かといったことだけでも決めておくとルアーが探しやすいかと思います。

ちなみにエギングやチニングといた言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、これらもルアーフィッシングの一種です。

エギングはアオリイカをルアーで釣ること、チニングはチヌ、つまり黒鯛をルアーで釣ることを指しているのです。

一口にチヌ用のルアーと言っても色々なメーカーからたくさんの種類の製品がリリースされていますので、購入の際には迷われるのではないでしょうか?

ちなみに私はチニングのルアーと言えばオサムズファクトリーのホップコーンがマイブームです。

もしチニングに興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

チヌに対するチニングのように、それぞれの魚のルアー釣りに特化した呼び方も多く存在しているため、チニングやエギングというものを覚えておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする