根魚のキャスティングゲーム

根魚のキャスティングゲーム

スポンサーリンク

カサゴやムラソイ、ハタなどの根魚は、基本的には海中の穴の中に潜んで生活をしています。

しかし穴の中に仕掛けを入れなくても、根魚は上から落ちてくるエサに穴から出てきて飛びかかってくるので、キャスティングで狙うことが可能です。

近場を狙うのなら、まずは1~3g程度の軽量ジグヘッドとワームの組み合わせが一番。
軽量ジグヘッドは根掛かりしにくく、根と根の間をピョンピョンとうさぎ跳びの要領で動かしてやればバクッと食ってきます。

沖を狙うのなら、ロックフィッシュ専用ジグヘッド+ワームを試してみてください。
専用ジグヘッドの根掛かり回避力はかなり高く、軽量ジグヘッドにも負けない快適な釣りが行えます。

また、水深が数十センチ程度しかない浅いポイントなら、小型ミノーで狙うのもおすすめ。
ミノーはフローティングタイプを使い、水面と海底の間を泳がせます。
すると穴の名から根魚が猛ダッシュしてミノーに飛びついてくるところが見え、かなりエキサイティングできる釣りです。

根魚は一年を通して狙える釣り人に優しい魚で、しかも一瞬の引きはかなりのもの。

食べてもおいしいですし、狙わない手はありません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする