ドチ鮫釣り(鎌倉の稲村ヶ崎)

ドチ鮫釣り(鎌倉の稲村ヶ崎)

スポンサーリンク

新しい釣り場を求めて、夜の鎌倉の海沿いを車で走ります。
県営の駐車があるので、そこに駐車します。

まずは岩場で

稲村ヶ崎から鎌倉駅側に歩くと、江ノ島側と違って岩場となりました。
サンマの切り身で遊歩道沿いのヘチを狙いますが、良型のゴンズイです。
毒を持っていますが、加熱すれば、毒は消え、身はほっこりと美味しいらしいです・・・が、どうにもこうにも、食べる気はおきません。

キャッチアンドリリースが続きます。
浮きでヘチから少し離れた所を狙うと草河豚です。

浅瀬は駄目だと諦め、ちょい投げでおき竿を2本セットします。
ゴンズイ、草河豚とは明らかに違う引きが2本の竿にヒットします。

竿が持っていかれるほどではないので、1本づつ引き上げます。
2本の竿には30センチ程度のドチ鮫がそれぞれ上がりました。

新地開拓成功

鮫は釣ったあと直ぐに皮を剥いでしまえば、アンモニア臭はしません。

竜田揚げやフライは美味しいので皮を剥いでクーラーボックスにしまいます。
その後もドチ鮫が釣れましたが、食べる分の三匹だけにして、リリースです。

大物は釣れることはありませんでした。
八号のラインで大物でも耐えられる状況立ったんですが。残念です。

乱獲しないポリシーなのですが、そもそも鮫を食べる知り合いの釣り人は数少ない…
鮫を狙う釣り人も少ないですが、私の釣りマップには、一級ポイントとなりました(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする