海のルアーフィッシングは根魚もターゲット

海のルアーフィッシングは根魚もターゲット

スポンサーリンク

海の魚をルアーで釣る上で対象になる魚はいろいろいますが、根魚も人気ですね。

堤防周りや沿岸の比較的浅い岩礁のある海域を狙います。
対象魚はカサゴやメバル、アイナメ、ソイなど。

中でも狙いやすいのはカサゴとメバルでしょう。
カサゴは日中でも潮の動きがいい時や潮変わりの時などによくヒットします。
メバルは堤防の夜釣りがいいですね。

釣る場所

堤防周りでは、近くに岩礁がある所とか、テトラポットの入っているきわなどが狙うのに最適なポイントです。
夜釣りでは堤防のわきなどにメバルがやって来ます。
船釣りをする場合にはカサゴやメバルは沿岸近く、水深で5mから20mぐらいの岩礁帯を狙います。

タックル

6フィートから8フィートのライトタイプのロッドに小型のスピニングリール。
ルアーはジグヘッドのソフトルアーを刺して使うのが一般的な釣り方。
ソフトルアーにも色や形態などがたくさんあるので、複数の種類準備しておいてその日の当たりルアーを見つける事が釣果を上げるコツです。

釣り方

根魚はルアーを海底まで沈めて底近くを狙うのですから、やはり根がかりが多いです。
ですから根がかりをできるだけしないように、ルアーが着底と同時にジャーキングやシェイクを繰り返し魚を誘いましょう。

また、根魚はフォーリングしている時に底近くでヒットする事が多い事も忘れなく。
根魚のカサゴなどは堤防などにいてすぐ近くで釣れる魚です。

海でルアーフィッシングをしてみたい人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

ルアーフィッシングやチニングについて
疑似餌で魚を釣るルアーフィッシングにはチニング、エギングなどがあります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする