春が旬のノッコミカレイを釣る

春が旬のノッコミカレイを釣る

スポンサーリンク

今日は春が旬の「カレイ」釣りの紹介です。

春になると「カレイ」が産卵の為、岸際に寄って来ます。いわゆる「ノッコミ」です。

今回は「のっこみカレイ」釣りです。

産卵期と言う事もあり、釣れたら嬉しい「子持ちカレイ」!!
煮付け、焼き魚、空揚げに最適ですね!!

<タックル>
ロッド・・・4.5mのサーフロッド
仕掛け・・・カレイ釣り用2本針天秤仕掛け
オモリ・・・15号~25号のジェット天秤
餌・・・・・青イソメ

<場所>
ごろたエリアとサーフが入り混じる様な地形のサーフで釣りをしました。

ごろたエリアや、沈み根エリアと砂地が混ざるエリアですと、ポイントは狭いですが、「カレイ」の付く場所を選定し易い為、今回はこの様な
エリアを選びました。

<釣り方>
カレイは砂の中に潜って目だけを出し、隠れている魚です(真ガレイやマコガレイ等)。
ですので、何か上を通った!!と「カレイ」に認識させる事が必要です。

一度ポイントの向こう側に向かいキャストし、底を取りポイントを通しながら引いてきます。

そしてもう一度同じコースをトレースする様にキャストし、同じ場所を引いて来ます。

これが「カレイ」釣りの基本となります。

<釣果>

上記の釣り方で、今回キャッチした枚数は20cm~30cmの大きさで、10枚キャッチする事が出来ました!!
もちろん全て子持ちです!!

30cm級の「真ガレイ」は身も厚く、見るからに美味そうです!!もちろん釣れた時の引きも強く、楽しませてもらいました!!

この時期限定の「のっこみカレイ」釣り!!是非皆さんも楽しんでみては如何でしょうか!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする